スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

旬のものを食べる

2009年12月03日

植物や果物は、エネルギーを持っています。
そこで、一番オススメしたいのが、食べるものから、プラスのエネルギーを取り入れるということです。
一番いいのは、新鮮な旬の野菜や果物を食べることです。
旬の野菜は自然の恵そのものです。つまり、プラスのエネルギーがたくさんつまっています。もちろん、栄養も豊富です。
「なんか最近調子が出ないな」というとき、自分の食生活を振り返ってみると、旬の野菜や果物が足りなかったという事があります。
外食やファーストフードだとどうしても、野菜や果物が不足します。そうすると食べ物から得るプラスのエネルギーも少なくなってしまうのです。
また、熱を加えたり、工場で加工されたりすると、エネルギーは減ってしまうので、できるだけ加工度の低いものを選ぶことも、プラスのエネルギーを取り入れるためには有効です。
ある女性は、調子が悪い時、田舎から送られてきた米や野菜を食べたら、体調が戻った上に、気持ちまで前向きになったと言っていました。
それは、彼女が、新鮮な食べ物に含まれていたプラスのエネルギーの影響を受けたからと考えられます。
神経質になる必要はありませんが、少し意識してみるといいでしょう。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

旬のものも、今や量販店に季節関係なくいつでも売っていることで、よくわからなくなってきています。
きっと昔は、野菜やさんが、お客様の顔色をみて体にあったものを勧めたり、魚やさんはとってきたばかりのものをお店に並べ、果物やさんは季節で一番美味しいものを、目でも楽しませてくれてたと思います。
どのお店に行っても、あ〜春がきたとか、売ってるものを見て、季節感も感じていました。
それが、本来動物が生きていく姿です。
何でもあるから便利じゃなくて、不便だから価値がある事にもっと目を向けてほしいと思います!
さあ、今日は旬のもの体に取り込んでバリバリ笑顔で張り切っていきましょう(^O^)/  


Posted by rinrin at 08:00Comments(3)プラス思考